【続】もしかして、マスコさんは保育園の面接、落ちますか?

前回の記事で、益子家が娘の保育園の面接で

「給食の牛乳をカットしたい」と申し出たことをお伝えしました。            

▶前回の記事 http://selfcurelab.net/blog-entry-421.html

娘の保育園では「兵庫県のメーカーの低温殺菌」の牛乳が出ます。

それ自体結構珍しい(まだマシ)と思うのだけど、私が飲ませたい!と思うものではなかったんです。


というのも、前回の記事で触れた「餌の種類が不明(遺伝子組み換えかも)」「抗生剤やホルモン剤使用の可能性」があるし。不健康な牛のお乳、カラダにいいとは言えないものを、まだまだこれからカラダをつくる時期の娘に飲ませたくはない。

これから、彼女が成長して、しっかり分かったうえで自らの意思で選ぶものに関しては、もう口出しできない時もあるって承知しているけど。まだ3歳なんです。おしゃまで、本人はなんでもできると思ってるけど、3歳なんです。

で、面接から数日経って、保育園からTEL…。

「上のものに確認したのですが、

やはり牛乳アレルギーという医師の診断書がないと対応はできません」と。


来た来た来た来た。

「はぁ、そーですか。診断書がないとダメね。                     アレルギーじゃないから、診断書とれないかな。                   じゃあ、飲ませます。ご面倒をおかけしました。」

とならないのが、面倒なマスコさん。

私は聞いてみたのです。

「牛乳を飲ませる目的ってなんですか??」って。


そうしたら・・・沈黙。長~い電話の保留のあと

「月に〇リットル飲ませなさいっていう市からの指導があって、

それを登園日数で割ると日に100㏄飲む計算になります」って。

いや、それ目的なら飲むことありきになってるから💦

つまり、「栄養補給」ってことですよね?と言い換えました。


ここで、私が目的を聞いたのはわざとです。

目的はきっと同じはずなんです。保育園も私も。

きっと、「子どもの健康」って言ってくるに違いないから。


保育士さんを責めるつもりはまったくないです。

健康なカラダを作るために給食があり、給食は現代の栄養学をもとにできてる、ということになってるからね。

でも、近代栄養学は欧米からの輸入品。

さらに利権(お金)の匂いもします。
それが良いものであれば、日本の病人はこんなに増えないはずなんです。

そう、あれこれ言ったところで、国が「子どもの健康のため」決めた枠組みに対して反論するには、それなりの準備が必要。

西宮市も、保育園も「国の指導を守らなかった責任問題」がかかることは避けたいはず。

そう来られると思って、私も同意書を用意してるんですわ。

同意書にはこんなことを書きました。

〇 飲ませたくない理由(医師が書いた参考文献つき)

〇「栄養不足が疑われるときは専門家に相談し
  保育園に責任を問わないこと」

〇「カルシウムはほかの食材から家庭で摂取すること」などなど。

「みんなが飲んでるのに違って可哀そう」というのはワタシの母。
娘がどう感じるか、私も不安がないわけではないです。

でも、娘にも真剣に伝えます。

横並び、一緒であること、って必要でないこともあると思うんだ。

横並びで病気してもしょうがない。うちは、こういうことを大切にしている家庭なんだ、って理解してくれるといいのだけど。                          

私も、知ってしまった以上、本気なんです・・・。

ゴールはね、少々カラダに悪いものが入っても出せる(デトックスできる)カラダをつくることだと思いますよ。

でもさ、まだ幼いし、その基盤をつくる時。さらに、今の子たちは昔じゃありえないような社会毒にさらされて生きてる。特に3.11以降大変なことになってます。

だから、デトックスも追いつくかな?って。この国でフツウに暮らしてたら病気になるっていうことを、今の高齢者は教えてくれてるんですよ。半数以上が癌ですか?スーパーで食品買って、健康情報に踊らされてる、真面目に生きてきた人々ですよ。

自分の子どもに食べさせるもの親がこだわって何が悪い。
親がこだわらなくて誰がこだわる!って本心です。

                         

で、同意書は郵送するだの面談するだの、また「うえに掛け合います」ってことでしたが

結局、予想外の展開になりました。

なんと、「診断書なしで除去OK!」その電話の最中に、「うえ」の方とお話しできました。

この「うえ」の方がですね、私からすると希望の光でした。

ご自身は子育て中、「低温殺菌」&「ノンホモジナイズド」の牛乳を与えていたと。保育園でもそうしたいと考えたが、ノンホモを出すと、牛乳は分離する。それは給食ではダメだという決まり。やむを得ず低温殺菌のものにしている。それでも、お母さん方には喜ばれている、と。

自分自身がそうであったから、私の主張はわかるんだ、と。

今回は特別対応ですが、たまにいらっしゃる「イスラム教だから豚肉は食べられません」といった、「アレルギーではなく主義主張の問題」として対応します、と・・・!!

ふるふるふる・・・・😿(感動している)

つきましては、「申立書」に入園式の日にサインをよろしくと。また、おやつの時の牛乳カットがそもそもの希望だったけど、「乳製品カット」になりますとのこと。チーズ、ヨーグルトもね。娘、残念!(どっちも、好物)だけど、おうちで食べようね。

私も、お礼とともに伝えたわ。「万が一、発育に遅れがあるなどと言った場合、園に迷惑がかかると思うし、家庭ではその分の栄養補給をしますので」

そうしたら、返ってきた言葉は意外でした。

「あ、それは心配してないです!牛乳が…とおっしゃる方は、よく調べて実行される方々ですから。」な、なるほど!

「家庭でどんなお食事をとられていますか?、と伺うと、もずくとマクドナルドのポテトなんてご家庭もある。そんなところのお子さんも、園に来ると元気になるんです。」ともおっしゃってました。

今回、娘の保育園についてはとってもうまく事が運びました。

この成功の秘訣はですね…まずは園選びが一つですね。もともと、この園は有機野菜・国産小麦・低農薬米など食材にこだわっていることを謳っていたので、希望したのです。それから、同意書を出すという場合は、相手を安心させること(家庭できちんとやるのね、園に迷惑は掛からないわよね?)ってところが大切かと思います。

あとは、保育園側に、「牛乳選びに対するこだわり」がないとすれば、「こんな問題点が指摘されている」ということを客観的な資料とともに提出することかなと。(今回、問題意識のある方とお話しできたのは幸いでした。)私は医者の本を根拠にしています。

で、なぜ、牛乳はこれほど問題が多いのに必要ということになっているのか?

ここからは、ダークな話なので、嫌な方は見ないでください。

一言でいえば「アメリカの戦略」

アメリカ人が消費する食品群の第二位が乳製品です。業界が戦後、日本にも大きな市場を作ろうとしたわけです。日本のテレビCMの約3割が乳業メーカーのものといわれているので、日本のマスコミも牛乳の危険性は取り上げません

この牛乳利権によってできたのが「母子手帳」。戦後のアメリカ軍による占領期には、保健所に努める栄養士の条件は、乳業の専従栄養士であることでした。1948年には乳業に母子手帳を作らせ、「牛乳を飲ませるように」と明記し、カバーには明治、雪印、森永乳業の広告が載りました。

日本初の母子手帳

事実を隠し、きれいなイメージで覆う、このやり方。めちゃくちゃ賢いよね(むろん皮肉)。

不妊時代の私にとっては、母子手帳は憧れのアイテムでしたわ・・・。残念。

世の中の当たり前、ってこうも戦略的につくれるんだな、という学びですよね。

私はひとつひとつ、知ってはがっかりしながら、また這い上がっています(笑)

牛乳はまだ、いいかなと思うものを嗜好品として。たまーの贅沢に想いやり生乳を飲む。

我が家が週に1本飲んでいるのはよつ葉 放牧生産者指定ノンホモ牛乳 非遺伝子組み換え飼料使用 72度15秒殺菌

シチューもホワイトソースも、牛乳を切らしていれば豆乳でります。それで、ここ5年、それほど困ることはありません。産後の健診の骨密度も問題なしでした。

ひとまず、娘の保育園については、はぁ…と、胸をなでおろしてます。

しかーし、まだ、息子の保育園が残っているのだった・・・💦

つづく!!

お読みいただきありがとうございます💛


★読むだけで健康になる格上げ健康マガジン★

blogには書けないあれこれはこちらに書いてます

無料でいつでも解除できますのでお気軽にどうぞ
https://form.os7.biz/f/01e9276e/

※画像はネットからお借りしました。

投稿者:

selfcurelab

兵庫県西宮市で【自分でカラダを治す方法】を伝える Self-Cure Lab(セルフ・キュア・ラボ)のマッコちゃんです。 不妊症・不育症を克服した2児の母です。 頭痛・腰痛・ひざ痛・うつ・パニックや不妊・不育症の治し方 を知って、薬なしで健やかに♪ おむつなし育児アドバイザーもやってます。 マッコちゃんのことをよく知る ➡ http://selfcurelab.net/blog-entry-profile.html

「【続】もしかして、マスコさんは保育園の面接、落ちますか?」への4件のフィードバック

  1. 息子二人と娘は給食の牛乳 止めましたよ 昭和なのでアトピーとかが有名じゃないとかで
    お願いだけでOKでしたよ
    二人とも180センチ
    とくに次男は183センチ
    生まれてからアトピーがひどかったので 粉ミルクもダメで
    ボンラクトという 豆乳のミルクを飲ませましたよ
    牛乳ばかり飲んでる孫は
    背が伸びません(^o^)
    私は山羊乳で育ったので
    牛関連は身体に会いませんよ
    今の時代子育ては大変ですね
    頑張って ストレスにならないようにしてくださいね

    1. hikaruko様 コメントありがとうございます。
      お子様達、ずいぶんと長身でいらっしゃる!
      山羊乳は、海外ではメジャーと聞きました。
      日本ではなかなか聞きませんけど、人間のカラダにはミルクより合うとか?

      食べ物は人によって合うあわないあるはずなのに
      正義を振りかざして来られるので

      なかなか、大変です…。

      結構、ストレスですが
      こうしてコメントいただくのは
      嬉しいです。

  2. マッコちゃんさん
    ブログ拝見しました!私は神奈川県茅ヶ崎でまもなく2歳の子どもを保育園に通わせている川島と申します。私も、牛乳を飲ませることに疑問を感じ、保育園に要望書という形で提出し、牛乳を回避しました。(午前か午後のみ、豆乳になりました)マッコちゃんさんのブログをみて、同じ日本に同じような思いの方もいるのだなと心強く感じました。

    ありがとうございます!

    1. 川島さん はじめまして。コメントありがとうございます。
      同じように回避された川島さんにコメントいただいて、とっても嬉しいです(^^♪

      きっと、たくさん、いるはずなんですけどね。
      なかなか身近に出会えず…だと、孤独な戦いに感じますよね・・・。

      豆乳OKという場合もあるのですね~。
      (お子様からすると、同じように白い飲み物だし
      周りとの違和感が少ないですね)

      また、宜しければblog覗きにきてくださいね
      つながりたいマッコちゃんより(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です