ごま収穫

今年ちょこっと植えたゴマ
収穫できました!
栽培容易、土を選ばないと聞いていた通り
ズボラな私が少々水やりしない
日があるかと思えば
娘のベランダプールの残り水を
ザバァ〜と掛けられることもある
過酷な環境で
育ってくれました( ̄▽ ̄)

こんなサヤを見たの初めて!

そして、もう土の上に弾けて回収不能なタネも
ありそうだけど
また芽吹くかなぁ♪

ゴマさん、ちっちゃいねー
よく飛ぶね〜と言いながら
取り出してる娘

 

黒ごまの筈が白いのも。
このタネを取り出す作業の手間のかかること。
日本産のゴマなんて店頭ではまず見かけない。
割りに合わないのかな。
ひと瓶のごま油なんて…
どれだけのゴマが必要なのかと思うと…
さぁ、どーする、この微量のゴマ…笑
次はもっと植えよう^ ^

はじめてタネとりを…!

こんばんは。
神戸は雨…もう2週間くらいぶり?

夕方から涼しくなって
ここ最近、急に暑くなって
既にめげてたワタクシは
しのぎやすくてうれしゅーございます。

今日はね、家庭菜園を
本格的に始めようと決めてから
初めての 「タネ取り」ができました。

昨今の不自然な、大手資本に牛耳られた
タネ業界の現状を知ってからというもの…

家庭菜園では
その土地に代々伝わる
「固定種(在来種)」のタネを買い
自分でタネをとり
次のシーズンはそのタネで
作物を育て、またタネを取り…

というサイクルを作りたい
と思ってきました。

これをされては
タネやさんは儲かりません。

また、こだわっているのは
無農薬、無化学肥料栽培なので
農薬や肥料やさんも儲かりません。

いま、世界では
大手資本による
タネの支配が行われており
特定の農薬、化学肥料、除草剤の使用を
前提としたタネが
遺伝子組み換え技術さえも
駆使されながら、開発されています。

そして、そのタネは
「タネ取り」をさせないように
できています。

スーパーの野菜はほぼ、コレ。
(実際にはタネは取れるけれど
農薬や肥料で育てやすいという
特徴は受け継がないため
一代限りのF1種と言われています)

そのため、農家であっても
タネ取りをすることは稀で
毎年タネを買う仕組みだと聞きました。

これは全世界的な流れ。
タネ、農薬、肥料、除草剤…
のセット販売。

いっときは収穫量が増える
かにみえるものの
強い薬により
次第に世界中の土地が荒廃し
作物が育たなくなる。

そのため、世界中で
このタネの支配を進める
モンサント社への
反対デモが起こっています。

モンサントと提携して
住◯化学は除草剤を売ってますね。

『翌日にはごっそり雑草が枯れる』
なんてコピーで
そのへんのホームセンターに売ってる
除草剤 ラウンドアップ

ヨーロッパでは使用禁止
日本ではあろうことかJAが推奨…
あれは…
ベトナム戦争で使われた
『枯葉剤』ですから…。

その健康被害は同世代以上なら
ご存知ですよね…。

奇形児出生率が上がります。
アメリカの圧力ですか。
(ちなみに、2016年に米 モンサント社は
ドイツのバイエルン社に買収されました
環境先進国がどーなってるんだか)

スーパーに並ぶ野菜の裏側の
そんなこんなが…
それが気持ち悪くて、腹立たしくて。

ベランダのプランター栽培
ではあるものの
食べる量すべては到底賄えなくても
少しでも自然と向き合って暮らしたくて。

植物も人と同じく
この地球に現れてから
次の世代に命をつないでいくという
営みを繰り返してきたわけです。

それを人間の勝手で
途絶えさせてはいけないと
そんな思いもあり…
今日は小松菜のタネを取りました。

葉っぱの収穫自体は
青虫さんにたくさん食べられて
お世辞にもうまくいったーとは言えない。

すくすく育ったアゲハが
大量にやってきて毎日びっくりしてましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
お礼参りかっ?

でも、まずはタネをつなげたから
良しとしようー。

で、こちらは
ユウガオの実♩
雄花と雌花が別に咲くのを
初めて知りました。

雄花ばっかりで雌花は10こに1つくらい。
お花の下がプクーッと膨れた
雌花を見つけたときはルンルン!
ユウガオの実って
60-70cmにもなるらしいです。
まだ我が家の一番大きいので9cm
でも、4日で2cm育ちました♡
すごいね!

よく知られているアサガオでもなく
なぜユウガオを育てているのかって言うと
『かんぴょう』
を作りたくって!!
ユウガオの実が干瓢の原料なのです。

こんなまだ細っこい枝で
大きい実が獲れるとはちょっと考えにくいけど
見守りまーす^ ^
ユウガオさん、ファイト〜!
それじゃあ、おやすみなさーい^ ^

よもぎ、イチゴなどの苗到着♡

わーい(⌒▽⌒)
自然生活さんから
注文した苗が届いた♩
よもぎ、ラズベリー、ワイルドストロベリー。
どれも育てやすい品種をセレクト。

ヨモギ、なんて今時期はあちこちに
生えていて
小学生のころは摘みに行った記憶も
あるのだけど
摘むときは
毒を持つトリカブトと似ているから
注意なんてのをみて
すっかり自信がなくなった(・・;)

ブタクサとも似ている…。
花粉の?
それから、犬を飼っていると思うこと。

あーこのへん犬が用をたすのにちょうど良さそうな…という場所に
よもぎらしきのが生えていて…爆
これまた気持ちが萎えました…ハハハ笑

なので、間違いない
ホンモノのよもぎを育てて
ちゃんと見分けられる目を養いますよ。

ヨモギは
不妊治療中の方にも
たーいへんおすすめ。

婦人科系の疾患には古くから
重宝されていたようですよ。
血行促進効果があります。
ワイルドストロベリーとラズベリーはね… 憧れ♩

お庭で採れたらステキじゃない。
ジャムかな、タルトかな…。
膨らむ妄想。
大切に育てよー。
自然生活さんのサイト
面白いですよーん♩
ではおやすみなさい。

 

★不妊・不育克服されたい方はこちらもどうぞ

プランターで固定種の有機栽培♩

こんばんはー。
今日はあたたかぁだったー♡

いま、着々と準備していること。
それはベランダ菜園。
前の秋、始めた野菜づくり。

1歳児の育児で
自由時間がたくさんあるわけではないし
園芸初心者、だけど
ちいちゃいプランターで
かなりほったらかしーなのに
美味しいカブと二十日大根が
できたのです♡

 

しかも、これ、ただの
カブと二十日大根じゃなくて
固定種(在来種)のタネから育てたもの。

スーパーに並ぶ野菜のほとんどは
効率よく流通させることを目的として
作られたF1種というもの。

生育が早く、形の揃ったものができる。
農薬や化学肥料の使用を前提とした野菜。

F1種は種を取って
次世代に繋げることを
想定されてない1代限りの
不妊化されたタネと言われています。

(実際、次世代を作ることはできるのだけど、人間の都合よく作られた親の特徴は引き継がない子ができるので
1代限りで、毎年タネを買うという
農家さんが多いそうです)

種無しの果物なんかも増えてますよね。

それで儲かるのは種子メーカー。

昔は農家は育てた野菜から種を取って
またそれを植えるということを
延々と繰り返してきたけど
それが途絶えつつあるということ。

タネを制するものが
世界を制すと言われています。
それほどタイヘンなことなのです。

このビジネスを展開する
悪名高い企業がモンサント。
世界各地で反対運動が起こっていますが
日本は…。。

もともとはベトナム戦争で米軍が撒いた
枯葉剤を作っていた企業。
それが今や農薬ビジネスに。
そして、その農薬にも耐えうる植物を
品種改良して売っているわけです。

そんなこんなで
市場はほとんどF1種の野菜に占められ
もともと
その土地土地に伝わって来た
固定種の野菜の
作り手がいなくなってきた。

でも、固定種こそ
土地の特徴にあうように
長い時間をかけて自然に適応してきた
個性豊かな愛すべきタネ。
そして、生産をきびしく管理しなきゃならない農家と違って
固定種を存分に楽しめるのが
家庭菜園^ ^
調べながら、
そして育てながら感じることは
土とタネが良ければ
うまくいきそうと言うこと。

ろくに肥料もやらずでした。

で、この春は
こんな本にも出会ってしまい
すっかりヤル気になったのです。

この著者、
東京でプランター菜園をしている
安藤康夫さん。
在来種のタネから野菜を育て
ご自身で種取りをなさる。
一家で食べきれないほどの量を収穫し
そのノウハウを本やブログで発信して
生計を立てている模様…。
有機栽培ということで
どんな肥料を使われているのかと思ったら
これがまた
自家製の納豆を発酵させた…
おおお!納豆菌水〜!!

手元にあるある〜♩

とテンションが上がってしまって。
プランターで有機栽培は
2冊出ていて
2冊目は野菜ごとの作り方が載っていた〜。

夏野菜はトマト、ナス、冬瓜、キュウリ、
カボチャにスイカにメロンまで〜
うわぁ、夢、膨らむぅ^ ^
ご一緒に家庭菜園いかがですか?
*オススメの土は…
てくてくネットで購入した
畑懐(はふう)の土
園芸用土は毎年買い替えの人が
多いみたいだけど
これは、改良材を入れて毎年使える土。
初期投資と思えば
いずれ安くつく。
それから、鳥取の自然栽培の農家さんに
今回相談して教えていただいたのが
金の土

これはなんと自然栽培ではとても有名な
岡本よりたかさんのオススメ。

*オススメのタネ
固定種のタネの入手先は
野口のタネ

野口さんは著書も気になる!
あとは、既出ですが

てくてくねっと

自然生活
ここはなかなかない
自然栽培のヨモギの苗なども取り扱いあり。
ご参考までに^ ^

 

【自分で自分を治す】【不妊・不育克服】こちらもどうぞ


 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

育てる土 畑懐の土 畑〔はたけ〕12リットル 畑懐
価格:1944円(税込、送料別) (2017/3/20時点)

 

 

スーパーの野菜は不妊症です

こんばんはー。
あたたかい週末、娘もすっかり元気で
お相手するこちらがくたびれてます。
幸せなことなんですが。
なんと昨日は夜間授乳なしに
朝まで眠れました。
妊娠中から眠りが浅くなるものだから
もう2年ぶりくらいかな。
なんて充実感!一体どうした?!
今晩もぜひ、だなぁー。
そんな清々しい今日は
野菜のタネをまきました。
タネまきといえば、春のイメージかも?
でも
秋まきは水遣りは楽だし
虫はつきにくいし
育てやすいそうです。
しかも、タネと土にこだわってみました。
実はスーパーなどで見かける
広く流通している野菜は
F1種といい
農薬や化学肥料を前提とした
人の手によって
早く育ち、形が揃うように
人工交配されたものです。

形がキレイで、甘く、大きさが均一で
一斉に収穫できる
など消費者ニーズに合うように
改良された結果です。
ピンセットを使う原始的な方法から
放射線照射で細胞を突然変異させたり
細胞同士を無理やりくっつける
細胞融合をしてみたりと
バイオテクノロジーが
駆使されます。
このF1種からは二代目を作らず
常に一代限り。
子孫ができにくい種であり
仮に二代目ができたとしても
親が持つその経済的な
特徴が引き継がれにくくなるのだそうです。
常に一代で消費され続けるものなのです。
過去50年くらいの間に
小麦やトウモロコシ、コメなどの
F1種が生み出され
収穫量が増えたことで
人々を飢餓から救い
緑の革命と呼ばれ
賞賛されました。

確かに短期的には収穫量が増えました。
ただし、緑の革命は失敗でした。
F1種は、化学肥料を前提とします。
植物を早く育て、売り物にするために。
肥料を撒くと、雑草もまた育ちます。
そこで、今度は除草剤が欠かせなくなり
土壌が劣化し害虫が発生し
長期的には栽培ができない
土地になるのです。

加えて、常に新しい種、農薬、化学肥料
これが必要な農家は
毎年出費がかさむわけです。
儲かるのはこれを買わせる側
世界的に悪名高いモンサント社。
世界中で反対デモが行われていますが
日本では穏やかなものです。
モンサント社の除草剤
ラウンドアップには
猛毒のグリホサートが含まれています。
これは認知症、がん、不妊(男女ともに)胎児奇形
自閉症、糖尿病、アルツハイマー
腎機能、肝機能障害など
ありとあらゆる病気を引き起こすと
言われている成分です。

JAはあろうことか使用推奨しています!!
これが日本のレベルです!!!
ホームセンターにも
ずらりと並んでおりますよ。
家庭菜園だから安心なんて
思うのは間違いです。
スーパーに並ぶキレイな野菜の
その裏で
その土地らしい生物多様性が失われ
土地が荒らされていく。
そして、不妊化された
野菜を食べる人々は健康でもない。
もっと簡単に儲けたい
キレイな野菜が食べたい
人々の欲求の招いたことですが
超えてはいけない一線のように思います。
★★★
F1種に対して
その土地でずっと
代々、環境に適応して根を張ってきたのが
在来種です。

F1種の登場で農家は自家採種を
しなくなりました。
在来種が貴重な世の中です。
自分で野菜を育てるなら
絶対、在来種にしたいと思い
かなり探しました。
在来種は一度育てれば
自家採種ができるので
ホームセンターにはまずないです。
儲かりませんからね。
てくてく
というお店で買いました。
改良剤を入れればずーっと使える土も。
1120-2
どれも秋まきができる種たち。
ずっと命をつないできた
逞しい種たちなんだから。
楽しみだなぁ。
そういえば、女優の工藤夕貴さんは
在来種の野菜を育てていらっしゃるそうですよ。
あの方、ヤギも飼ってなかったかな・・・?
うちには犬が居ます。
ロザリー久々の登場!
ん?ろざちゃんの横のラジオ
何かおかしくないですか?
1120
拡大っ!
1120-1
ありえへん方向に曲がってますやん!
これじゃアンテナしまえへんな。
これ、きっとムスメの仕業だな。。( ̄(工) ̄)
★★★更新の励みにどうぞポチっ!とお願いします。

有機栽培の落とし穴!

こんにちは。
蒸し蒸しする季節ですね。
食べ物が傷みやすい季節。
いきなりですが
これ、なんでしょう?
腐らないりんご
なんと一年前に
収穫したりんごといちごだそうです。
ホンモノの作物は
腐らないんですって。
これ、驚きじゃないですか?
フェイスブックで
鳥取の楽笑農園カームガーデンさん 
と繋がりまして…
自然栽培をされている農園さんです。
ネーミングがすてき。
自然栽培って
改めて調べてみると
農薬、化学肥料は使わないのはもちろん
有機肥料も使わない。
有機肥料は家畜糞尿(一般的には牛の)を
肥料にしたもののことです。
これまで、有機栽培は安心と
思っていましたが
楽笑農園カームガーデンさんとの
やり取りをキッカケに
とっても大きな気付きを頂きました。
有機栽培って
国の規定する範囲の農薬
(21種類あるそう)ならば
何回でも使って良いのですって!
また、肥料として家畜の糞尿を使用すると
家畜が投与されたワクチンなどの
影響を受けることになります。
そして、有機栽培の作物は
硝酸態窒素という物質の
濃度が高くなるとか。
これは、身体の酸化を早め
癌や糖尿病などの原因になる
と言われているそうです。
(安全と言っているウェブサイトも
ありましたが…
危険と言われヨーロッパ規制している
ときに日本は規制してなかったのは事実…)
硝酸態窒素の値については
ヨーロッパには残留規制が
設けられているものの
例にによって
日本にはないのだそうです。
なぬ〜これまで有機栽培は
安心と思っていたのに!
一方で自然栽培は
なーんも使わないの。
楽笑農園さんは雑草取りなんて
手作業で大変みたいです。
話題書、そして映画化もされた
「奇跡のリンゴ」をご覧になった方なら
イメージ湧くかな~と思います。
で、楽笑農園さんが
ヒトも自然栽培の作物のように
ありたいですね
っておっしゃるの。
腐らずに、枯れてゆく。
自然に還る。
これって、深いコトバだとおもって
ジワーッと響いてます。
人間ってほんとに罪な存在で
自然に還らないものばかり
造ってきてるけど…
食べ物、ひいては自分自身
そして日頃使うものも
できるだけ自然に還るものを
選んでいきたいなぁと思う次第です。
こんなサイトもありました。
こちらも自然栽培のことが
よーく分かります。
これによると
作物には虫がつく
と思われているのは
肥料のせいだと。
肥料に含まれる窒素が
虫をよせつけるのだと。
窒素は生育促進のために
使われます。
そして虫を追い払うために
農薬が撒かれると。
そう聞くと
なんとアホらしや。
ゆっくり育てればよい
と思いますね。
それを許さないのが
今の社会なんですね。
ナチュラルハーモニー
このページもわかりやすいです。
慣行農法、有機栽培、自然栽培の
お米をそれぞれ水に漬けて
ほっておくとどうなるか?
という面白い実験結果がのっています。
http://www.sizensaibai.jp/diary/post_19.html
↑ぜひ、ご覧くださいませ〜!
★参考にしていただけたら
ぜひポチお願いします!